<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ゴム焼き
 妻が、10年ぶりにCDを買った。 勝手にばらして申し訳ないけど、星野源のYELLO DANCERだ。
 しっかり聴いてみた。何かを思い出したと思ったら、小沢健二の「LIFE」との共通点だ。
それまで私小説的な音楽だったアルバムから一転、ニューアルバムではソウルミュージックをベースに音を作っている。 声とバックトラックに温度差があり、その違和感が文系男子のソウルミュージックなのだと思う。

 大きな違いは星野源の歌のうまさと自分をコントロールする(プロデュースする)才能で、きっちりアルバムとしての完成度をコントロールできているように感じる。 あー、なるほど、ここでこんなふうに転調するのかーとか、あ!こういう言葉をのせるのかとか、いろんな発見があるとてもよくできたアルバムだ。 けど、なんだか、かっこいいんです。

 小沢健二のよさは、申し訳ないけど、歌のほつれで、もう精一杯歌ってるのだけど、なんだかうまくいかない声の質。はっきり言って、はずかしさだとおもう。 話は、星野源にもどると、音楽として非常に器用に、元ネタをきちんと消化していることが、日本のソウルミュージックの進化だと思うし、日本人が日本人のアルバムをつくったって感じがして、とてもよいと思う。小沢健二はあえてだと思うけど、そのまんま、バックトラックを使うことが多く、海外アーティストへのあこがれがかいま見れる。ERIC KAZとか、そこ使いますか?って音楽ファンをうならせたんじゃないかと。
 星野源のアルバムはそんな劣等感がないアルバムなんだと思う。あくまでも、音楽に対してだけど。 星野源のファンは彼がこじらしてるのをラジオやらで知っていると思おうけど、音楽に対しては、こじらしていない気がする。パッケージがうまく、そのこじらせが表に出てないのだろうけど。

 ボブ・ディランの18枚組のCDがザ・カッティング・エッジ1965-1966(ブートレッグ・シリーズ第12集)がでた。『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』『追憶のハイウェイ61』『ブロンド・オン・ブロンド』の3枚のアルバムのセッションだけど、兄と話していて、この時代のボブさんはかっこつけてるなあと言っていた。確かに、ボブさんのこの時代、とてもかっこいいし、音もかっこいい。歌詞も難解だけど、イメージの連続でかっこいい。
 でも、ボブさんのプロディース能力か、まわりのプロディースか、影響か、ボブさんの本質は、もっとかっこわるいところにあるのかなっと。その後のアルバムの「欲望」の「sara」とか、聴くと、あーいいなあって思ってしまう。  
 Sara, oh Sara Don't ever leave me, don't ever go
サラちゃん、オーサラちゃんや、行かないで、行かないでよー。
って、勝手に翻訳すると、ほんとうに情けなく、かっこわるい。レコーディングに呼んで目の前で歌って関係修復したって言う逸話もあるので、ちょっと、ずるい歌って感じもするけど。

 10代、20代に音楽を歌詞までひりひりときいた感覚を求めてしまうと、星野源の言葉に僕はそこまでひりひりできない。歳をとったのかもしれないけど、ひりひりしたいなっとおもって、「the ピーズ」の「とどめをハデにくれ」を聴く。一曲目の映画(ゴム焼き)からこの歌詞だ。

風がふいて 
目にホコリが入って
車にひかれて まだ生きてる
痛いと感じる物を さがした

首をしめた オラ首をしめた
遠くまで自分まで ギュウゥとしめた

こんなにいい天気だってのに

わざとへんな フネにのった
イヤなもんを みていた

もういーよ いーよ いーよ いーよ
どっかで消しただよ フラフラんなって 最初から

僕は、この歌詞を聴いて、志賀直哉の「城之崎にて」を思い出した。
ひりひりした。
 
「Thelonious Himself」Thelonious Monk
「Thelonious Himself」Thelonious Monk

 
 
 18歳のとき、僕は浪人生活1年目でひたすらおなじ音楽をウォークマンで聴き続けていた。テープは5本。3本はボブ・ディランのブートレッグシリーズ。そして、あとの2本はThelonious Monkのhimselfとsolo monk。とにかく、2年くらい、毎日飽きることなく歩きながら、電車の中で、ひたすら聴き続けた。途中から、ウォークマン(テープ)からディスクマン(CD)に変えてあまり聴かなくなってしまったけれど。  
 とくにジャズを聴くきっかけとなったThelonious Monkのhimselfは、今までの人生の中で一番聴いたアルバムかもしれない。  

 絵の予備校で偶然そのCDを手に持ってた女の子から奪うように借りた。理由は簡単でその女の子がかわいかったからで。きっかけなんてものはじつに単純なものだけど、その女の子がどんな音楽を聴いてんだろうという軽い気持ちで聴いたら、よい意味で期待を裏切られて、ありじごくのようにその音楽からはなれられなくなってしまった。  

 たぶん、1998年ぐらいのことで、音楽的にはごちゃ混ぜな時代。アナログレコードが見直されてきていて、友達とよく中古レコード屋をはしごしたりしていた。買えるレコードは800円から1200円の間。それぐらい出せばいいレコードが買えた。月のこづかいはだいたい月初めにレコードに消えていったけど、今思えば、当たりのレコードを嗅ぎ分ける力はこの時期に培われたのかもしれない。そんな時代に僕はThelonious Monk himselfと出会った。  

 ブロックコード、不協和音、正しい言い方は専門家ではないのでよくわからないのだけど左手の音に夢中になった。とくにラウンドミッドナイトの30分くらいのアウトテイクは、どのように曲が、微妙な音の違いをなんとか理想のカタチに近づけようとするThelonious Monkのビジョンが伝わってきて何度も聴いたけど、聴けば聴くほどわからない。  

 音楽の才能は残念ながら僕にはなかったけど、たぶん、作っている人には理想の音が鳴っていて、それになんとか近づけようとしているのだと思う。僕は絵を描く人なので、その気持ちはよくわかる。その鳴っている音が、独自な音で、それが人の心を惹き付けてしまうのだと思う。  

 自分が絵を描く時によく悩む問題で、オリジナリティって必要ないのではと、思った時期があって、今でもその考え方は拭いきれてないけれど、Thelonious Monkの音はThelonious Monkにしか出せない。つまり、オリジナルなわけである。と、いうことはオリジナルというものは存在するのだけど、残念ながら僕には見つけられていない気がする。逆にオリジナリティがないことが良いと思う時期もあり、揺れ動いているのだけど、絵を描き続けていれば見つかる答えのような気がする。ときどきオリジナリティをはき違えて、人を驚かすことをテーマにしている絵などを見ていると嫌な気分になるので、心配性の僕はなかなかゆっくりとしか駒を進めないのかもしれない。  

 しかし、Thelonious Monkの音楽は今の僕にはすこし悲しすぎるので聴くことはない。たぶん、多感な時期に聴いていたこともあり、いろんな思い出が音楽にこびりついていて、よかったことも悪かったことも思い出してしまって胸が苦しくなるからだと思う。
 
Thurston Moore
 
 
 CDプレーヤーのレンズの寿命で、ときどき音が飛ぶのだけど、このごろいろんな音楽を聴くことに忙しくあまり外に出ることなく部屋で音楽ばかり聞いております。アマゾンさんが毎日のように届けてくれる音楽は旅行しなくても世界旅行だなと思うのだけど、N.Y.にはあこがれというかいろんな音楽が集まっていた時期があるのし今でもいろんな可能性を感じさせてくれる都市なのかと思う。  

 昨日はThurston MooreのソロアルバムとFINIA ALL STARSのライブが届いた。どちらもN.Y.発。僕は長い間ソニック・ユースのファンだと思う。ときどきしか聴かないしときどき聴きにくいアルバムもあるけれど。ソニック・ユースの魅力は、僕の中ではギターのThurston Mooreさんのたたずまいなんだと思う。変わらない。もう56歳らしいけど、印象や方向性が一貫している。アート・ワークも素晴らしい。いち早くリタ・アッカーマンのドローイングをつかったジャケットのファーストソロのアナログレコードなんてときどき出して眺めたり。アナログに直接彫られたドローイングはびっくりしました。

   
   

 と、今回はbeckがプロデュース。このごろのbeckは、プロデューサーとしての才能を発揮している気がする。シャルロットとのコラボもよかったし。今回もThurston Mooreをうまくコントロールしてpopの枠に収めている。全編アコースティック。beckはたぶんきまった枠に収めるのが天才的にうまい人なんだなと思う。なので自分の作品は枠に収めすぎてしまって最近の作品は少し悩んでいる気もするけど、今回のThurston Mooreをプロデュースしたことによって自分にフェィードバックするのだろうなって、音楽の話なのだけど美術の話のように感じる。お互いに友達が影響し合う感じが。たしか、リタ・アッカーマンもバンドをしていて友達なんだと思う。    

 さて、それと最近はめっきりサルサです。すばらしい。FINIA ALL STARS。レーベル40周年記念でリマスターで音がクリアーで最高です。サルサについてはまた今度。


真夜中の
 最近、音楽がいらない生活をしていて(落語、ラジオばっかり聴いてる)いまいち自分のテンポが悪くテレビをだらだらと見ていて、なんだかなあっと思っていたら、なんだかスランプのような生活を抜け出せたみたいです。  

 そんな時って人とあって真面目に話したりすると解決できたりするのだけど、ちゃんと人に会う元気もなく家でだらだらとしてしまうというか。2人暮らしなので話し相手が必ずいるので楽しくはやっているのだけど、どうしても背筋が伸びないというか、なんとなく斜めで話してしまうというか。  そんな状況を打ち破ってくれたのは、なんと、音楽でした。いまいち感動とか最近しにくくなっていたのだけど(トイストーリー3では号泣しましたが)、久しぶりに音楽を聴いていて自然に涙が出そうになった。  

 その音楽はサム・クックのゴスペルアルバム3枚組です。リマスターされていてノイズがなく近くでコーラスグループが歌ってくれてる錯覚に陥るくらいの音の良さです。ゴスペルってすごいですね。基本説教なので強い意志があるし(ジーザスって歌うところが耳につきます)、コーラスの掛け合いだけでほとんど楽器なしで作り上げていく音には、人の声というシンプルな感動があります。アカペラってすごいですね。  

 英語なんて適当にしかわからないのだけど何なんだろうこの音楽の力とやらは。テレビなんかで流れている流行歌は汚いって思ってしまいます。やはり、日本の心は民謡なのかなんて思ってしまいます。こんなゴスペルアルバムなんて聴いていたら神のいない国の神様なんてものを信じたくなってきます。  

 そんな背筋ののび、また心が(こんな言葉は使いたくないけど)癒され、体の疲れが取れました(知らぬ間にうとうと寝ていたせいでもあるのだけど)。    

 僕にとって、気持ちをリセットできるアルバムが偶然、サム・クックのゴスペルアルバムなんだと思うのだけどこういうアルバムが一枚あると助かります。なので、人によってはぜんぜん良いアルバムでなかったりするのかもしれないけれど。そういうアルバムって人によって違うのでしょうね、きっと。


http://www.amazon.co.jp/Complete-Recordings-Cooke-Soul-Stirrer/dp/B00006LI1I/ref=sr_1_17?s=gateway&ie=UTF8&qid=1285785913&sr=8-17
ジェームス・ティラー キャロル・キング at 武道館 4/16
   

 3月から忙しい日々が続いていて、忘れていた頃にそういえばチケットを取っていたなって思い出してあわてていってきました。  
 
 どんな感じのライブか、予備知識がなかったのだけど、2人で弾き語りから始まり、バンドがはいったり、ドラムと3人になったり、その曲にあわせてという感じだったので、はい、次の曲はジェームス君とキャロルちゃん2人でがんばってって言うその学芸会のりというか、そのゆるさがみている側は飽きないんですね。別にそんなに計算していた訳ではないのだろうけど、あっという間の3時間半でした。途中20分休憩ありの2部構成!ゆっくり!  

 まず、我らがJT!JTが歌うと説得力があるのは人間の深みのかなあ。Sweet Baby JamesやFire And Rainなんて、何十年経ってもまったく変わらないみずみずしさで、涙腺がゆるくなりました。  
 
 対照的なキャロルさん。So Far Awayの弾き語りは鳥肌もので、どちらかというとパワーで押してくる感じです。歌い上げるかというか、「わたしについてきて!」って言う感じ。    

 そのキャロルさんに触発されるかたちでJTもがんばる。あついくなってくる。ギターのダニー・コーチマーさん、初めて見たけど、いやあ、能天気な人ですね。どうだ、オレのギター楽しいなって言う感じ。でも、この人が音をまとめているんじゃないかな。ポール・マッカートニーにJTに紹介したのがこの人らしいけど、ポールと気が合いそう。  

 と、ついていけないとポイントも。ちょっと、のりのりさに笑い出してしまったのがキャロルさん。もう、「ハッスル!」。死語でなければ、ハッスルしていました。それはそれでいいのだけど。 You've Got A Friendでしんみり終わるのかなっと思ったら、まさかのラスト「ロコモーション」そうですね、作曲家時代の曲でしたね。忘れてました、こんな曲があるなんて。もう、ハッスル!ハッスル!ハッスル! 感動と笑いがあわさって、いいもの見せてもらったなって言う笑顔のライブでした。


 JT、この時代とあまりかわらない。笑顔がふえたかな
 http://www.youtube.com/watch?v=Gic6B-B6rpg
こういうライブがイメージだった。いや、すばらしい。
 http://www.youtube.com/watch?v=fveEU8NAhcc
なぜか、スラッシュと競演。キャロルさんのパワーにスラッシュ完敗か? http://www.youtube.com/watch?v=0hdMbr1rZic

1.Blossom 2.So Far Away 3.Machine Gun Kelly 4.Carolina On My Mind 5.Way Over Yonder 6.Smackwater Jack 7.Country Road 8.Sweet Seasons 9.Your Smiling Face 10.Song Of Long Ago 11.Long Ago And Far Away 12.Beautiful 13.Shower To The People 14.Natural Woman
(break)
15.Copperline 16.Crying In The Rain 17.Mexico 18.Sweet Baby James 19.Jazzman 20.Will You Love Me Tomorrow? 21.Steamroller Blues 22.It's Too Late 23.Fire And Rain 24.I Feel The Earth Move 25.You've Got A Friend

(encore) 26.Up On The Roof 27.How Sweet It Is 28.Locomotion

映画を聴きましょう
クリスマスイブの夜は映画を聴きましょう。
http://www.daisyworld.co.jp/xmas2009.html
ということで、細野晴臣プロデュース キネマ旬報90周年記念イベント「映画を聴きましょう」を聴きにいってきました。 運良く、前から3列目で。  

2部構成ではじめは、といぼっくすの演奏。MGMのテーマから始まり、寅さん、ゴジラからブリキの太鼓やフェリニーまでバラエティーの富んだ演奏でとても楽しい。じつはあまりといぼっくすさんの演奏を聴いたことがなかったのだけど、非常に丁寧な演奏で、よかったです。

そして、ラストの曲はなんと、やはり、、、、
「銀河鉄道の夜」
ちょっと、泣きそうになってしまいました。
「カンパネルラーーーー」っと叫びそうに。

そして細野バンドの第2部。 細野さんのライブはMCがおもしろい。おなじみの香港ブルースやマニアックな選曲もあり。音楽人生としては至福の時だと思います。人の曲を練習して発表して。音楽を始めた頃の気持ちに返っているかもしれない。  
 ボブ・ディランが来日する話をしていて、「ボブ・ディランもカバーしか最近しないし、僕ももうカバーしかやりたくない。」と話していたのですが何となく気持ちはわかりますけど、やっぱり、まだ細野さんの曲を聴きたいなあと思っていたら、なんとラストの曲は

「風、、の、、、谷のナウシカ」

「風をあつめて」をやるのかなっと思っていたのですが、いやいや、ナウシカ。 ナウシカのイントロの 「タンタンタンタン」っていうところで、僕は空を飛べそうな気持ちです。

 松本隆の歌詞も心にしみる。 まさかのナウシカに心奪われました。
その後アンコールはクリスマスソングとグーグーから一曲。

青空から舞い降りたら やさしく つ・か・ま・え・て

ナウシカは男の人が歌った方が深い曲なのかも。 いやいやとてもすばらしい夜でした。

余談ですが一緒にいったカロカロのミドリさんとご飯を食べながら、ナウシカの話と、沖縄の話(ナビィの恋の話)をしていたので、ナウシカを演奏した時にびっくり、といぼっくすの人がナビィの恋の音楽をつくった人だとわかってびっくり。シンクロ率がたかくてびっくりしました。そう言うことって時々あります。
ビートルズはお好き?
 
 僕は、どちらかというと中学生のころはストーンズの方がかっこよく見えてビートルズってなんだかなって思ってたのだけど、ジャケットが気に入って「ラバーソウル」を聞いらGirlってやらしい歌だなあっとか、ノルウェイの森は浮気の歌なんだっとか、解説を読みながら思春期真っ盛りな気分で大人の世界って感じがして、ビートルズをきくようになったような気がします。なので、好きなアルバムはってきかれると、何となく「ラバーソウル」かなあっ思います。と、言うのは、この前、リマスターアルバムがでたのでそんな話題になって、近頃よくビートルズを一通り聴いていてそんなことを思いだしました。では、どの曲が好きかっと言われたらなんて答えますか?僕はさんざん考えたあげく「HELP!」にしました。とくに理由はないのだけど。

 When I was younger
 So much younger than today
 I never needed anybody's help in any way
But now these days are gone
I'm net so self-assured
 Now I find I've changed my mind
 I've opened up the doors

写真/偶然最近手に入れた1964年のアメリカでの宣伝用バッチ。
wilco
 

 オルタネイティブ(alternative)と、言う言葉を日本語に訳すののは難しい。代わりの?相反する?  wilcoというバンドをオルタネイティブ カントリーとカティゴライズされることがおおいのだけど、よくわからないカテゴリですが、要するに、カントリー、ブルースの流れを汲む現代のバンドということか?と思うのだけど。

  新作が出ていたのも知らずに、ついでに買うと、とてもよくて。よくて、というのは、内容もだけど、タイミングが。ちょど、この音が聞きたかったときで。
 wilcoというバンドを僕はかなり信頼しているので、毎回アルバムは買っている数少ないバンドです。  昔のアルバムとかを聞き返したりしていると映像も見たくなりDVDも購入したら、、、DVD特典でDVDの曲がすべてダウンロードできた上に、アルバムのボーナストラックやライブなど50曲近くダウンロードできて、なんて良心的なバンドなんだと感心しました。このシステムを他のバンドとかも採用して欲しいところです。ライブ音源が落とせるのは、夢のような話です。  

 今回のアルバムは、初期のほうに戻った印象があり僕は好印象です。ジム・オールックがプロデュースしている2作は、好き嫌いがあるみたいで、僕はYankee Hotel Foxtrotから聞き始めたので嫌いではないのですがこのバンドのよさはライブなんじゃないかなあと思います。リズムにゆとりがあるというか、無理がないというか。  

 さて、wilcoを人に勧めるポイントはというと、僕はうまくいえないのが本当のところです。はっきり好き嫌いが分かれるタイプの音楽かもなあと。まず、踊れる音楽ではなく、一人で聞く音楽な気もします。ライブではホーン隊を入れたり、ドラムががんばっていたりするものの、あまりお勧めできないなあっと。でも、好きになれば、落語のようにしつこく好きになれる音楽かなあと思います。 http://www.wilcoworld.net/  
ココナッツ

 
 仕事帰りに、池袋まであるいていたら、ココナッツレコードが、リニューアル閉店セールをしていた。昔、大阪で違うレコード屋さんの閉店セールに行ったことがあるのだけど、閉店セールって、すごいね、やっぱり。
まだ、30パーセント引きなんだけど、最終日は100円???
今日は、Discoの12インチを中心に14枚。全部で6000円。まだまだ在庫がありそうだけと、70パーセント引きのころにもう一度行こうかなっと考え中。もともと、中古品って、値段が安いのに。
久しぶりにジャケ買したり、今度来た時の目星をつけたり。
でも、割引率が高くなるにしたがって混雑するんだろうなあ。業者とか買いに来たり。見極めがむずかしい。
今回買ったレコードはこんな感じ。
http://matsukick.cocolog-nifty.com/blog/

それにしても、アナログレコード屋がどんどんつぶれてしまって。いいのか、ほんとに。この不景気。

仕事柄、若い子と話すのだけど、レコードというものを見たことがない子がほどんど。針を落とすって何?っていう感じ。その子達の親でさえ知らないかも。どうなってしまうんだ、これが未来という奴か?
東京でこの状態、他の都市はもっときびしいのかもね。

さて、Discoブームが勝手に到来しているのだけど、もうかなりの数のレコードがあって、よくわからない。どういう流れか、なんとなく想像しているのだけど、自分の耳だけがたよりな状態。

ココナッツレコード
http://www.coconutsdisk.com/ikebukuro/