<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スニーカーブルース  | main | 沖縄便り1 >>
映画を聴きましょう
クリスマスイブの夜は映画を聴きましょう。
http://www.daisyworld.co.jp/xmas2009.html
ということで、細野晴臣プロデュース キネマ旬報90周年記念イベント「映画を聴きましょう」を聴きにいってきました。 運良く、前から3列目で。  

2部構成ではじめは、といぼっくすの演奏。MGMのテーマから始まり、寅さん、ゴジラからブリキの太鼓やフェリニーまでバラエティーの富んだ演奏でとても楽しい。じつはあまりといぼっくすさんの演奏を聴いたことがなかったのだけど、非常に丁寧な演奏で、よかったです。

そして、ラストの曲はなんと、やはり、、、、
「銀河鉄道の夜」
ちょっと、泣きそうになってしまいました。
「カンパネルラーーーー」っと叫びそうに。

そして細野バンドの第2部。 細野さんのライブはMCがおもしろい。おなじみの香港ブルースやマニアックな選曲もあり。音楽人生としては至福の時だと思います。人の曲を練習して発表して。音楽を始めた頃の気持ちに返っているかもしれない。  
 ボブ・ディランが来日する話をしていて、「ボブ・ディランもカバーしか最近しないし、僕ももうカバーしかやりたくない。」と話していたのですが何となく気持ちはわかりますけど、やっぱり、まだ細野さんの曲を聴きたいなあと思っていたら、なんとラストの曲は

「風、、の、、、谷のナウシカ」

「風をあつめて」をやるのかなっと思っていたのですが、いやいや、ナウシカ。 ナウシカのイントロの 「タンタンタンタン」っていうところで、僕は空を飛べそうな気持ちです。

 松本隆の歌詞も心にしみる。 まさかのナウシカに心奪われました。
その後アンコールはクリスマスソングとグーグーから一曲。

青空から舞い降りたら やさしく つ・か・ま・え・て

ナウシカは男の人が歌った方が深い曲なのかも。 いやいやとてもすばらしい夜でした。

余談ですが一緒にいったカロカロのミドリさんとご飯を食べながら、ナウシカの話と、沖縄の話(ナビィの恋の話)をしていたので、ナウシカを演奏した時にびっくり、といぼっくすの人がナビィの恋の音楽をつくった人だとわかってびっくり。シンクロ率がたかくてびっくりしました。そう言うことって時々あります。
ほんとに素敵な夜でしたね。
至福の時間だったな〜。トイボックス、もう少し知ってみたいです。わずか6人プラスバンマスなのに、すごく贅沢なビッグバンド(この時代のアメリカ好きなんです、私。)並みなゴージャスな音だった。
midori/kalo | 2009/12/25 22:05
またご一緒しましょう。無事にライターも見つかりやれやれです。では、メリークリスマス。
matsui | 2009/12/25 22:47
COMMENT









Trackback URL
http://matsukick.jugem.jp/trackback/54
TRACKBACK